スポンサードリンク

タイ政府公認 美容の国からの贈り物バストアップ ケア サプリメント [ピュアプエラリアLite]プ...
スポンサードリンク

Pアップ!ほしの○きさんの美巨乳はコレで作られていた!?「グラビアート シリコンバストパッド...

線維腺腫

胸の張りに悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。近年、乳がんが話題にのぼる機会が増えています。有名芸能人が乳がん手術を受けた、乳がんを克服した、というニュースがメディアに取り上げられることも増えています。現在、乳がんは女性のガンの中でも2番目に多い症状となっており、なお増加中と言われています。
それだけに、胸の張りに気づくと「乳がんなんじゃないか?」と不安に思う人も多くなっているようです。
重要なのは胸の張りはすぐに乳がんと結びつくわけではないということです。放置はよくないですが、あまり神経質にならないのも大事です。乳がんと間違えられやすい症状、つまり胸の張りによくある症状としてはまず「線維腺腫」が挙げられます。これは乳がんの症状とよく似ており、痛みが伴わないのが特徴です。30代の女性にもっとも多く見られるとされています。しこりの大きさは2~3cmくらい。ホルモンの影響で発生するといわれており、基本的に自然に消えてなくなるものなので危険なものではありません。

葉状腫瘍

もうひとつ胸の張りで多い症状は「葉状腫瘍」が挙げられます。30~40代に見られるもので、割合としては線維腺腫の1%くらいの発生率となります。この症状の7割は良性、1割が悪性、どちらとも判断しにくいものが2割と言われています。しこりが大きいのが特徴で5㎝を超えることも珍しくありません。切除が必要な場合もあります。
ほかにも良性の腫瘍である「乳管内乳頭腫」、授乳期によく見られる「乳腺炎」、授乳経験のない女性に見られる「乳腺症」などがあります。
このように、胸の張りやしこりは乳がんではない可能性の方が高いのです。
ただし、これらの症状を自分で判断するのは難しいもの。胸の張りやしこりが見つかった場合は早めに医師の診察を受ける必要があるでしょう。

乳がんの検査

乳がんの検査というと恥ずかしい、痛いといったイメージがつきまとい、どうしても及び腰になってしまうものです。しかし最近では乳がんへの関心の高まりもあり、医療機関の側でもさまざまな配慮が行われています。
乳がんは早期発見が非常に重要です。女性にとって非常に重要な部位だけに、手術となると辛い思いをすることにもなります。また、詳しい事情がわからないまま不安を抱き続ければ精神面にも悪影響をもたらします。早期発見のためにも、不安を解消するためにも、胸の張りを感じた場合はすぐに診察してもらうようにしたいものです。

胸の張り